2013年06月27日

雨の日は読書向き

今日は梅雨らしい一日でしたね。
しとしとと雨は降り続いて、明日の朝までは雨が残りそうですかね?
気温もちょっと高めの最低気温くらいから上がらず
夕方の時点で、短パン半袖だと寒いくらいでしたあせあせ(飛び散る汗)
もちろん、今も短パンじゃ寒いです(ノ∀`;)

明日はスッキリしない感じですが
夕方くらいには晴れ間が見え出しそうですね。
ここから一週間は雲が多いものの、雨マークが見えません。
最高気温も高めの日が多いだけに
また熱中症に気をつけなければならない日が増えそうですダッシュ(走り出すさま)

ちなみに今日は、雷記念日だそう。
平安時代の今日、清涼殿に落ちた雷が菅原道真の祟りだと言われ
この時から菅原道真が雷の神様と同一視されることになったと言います。
菅原道真のお話も、ちょっと詳しく読んでみると面白いんですよね( *・ω・)








鎌倉へ行ってみたり、京都や奈良へ行ってみたりと
古い歴史がある場所へ行くと、その当時の事を少なからず知ることになります。
歴史は本当に苦手だったんですけども
この歳になって、ちょっと面白いんじゃないの?と興味を持つようになりました。
苦手だった歴史小説も読んでみようかな〜と思ったり。
そう、何よりも今、活字欲にあふれています(笑)

通勤時間というものが、歩いている時間しかないので
通勤時間で本を読む、ということができない私達。
なので「本を読むぞー」と言う気にならないと
なかなか本を読む気分にならないんですよねたらーっ(汗)

そんな周期がたまにやって来るのですが、まさに今がその時。
本が面白くてしょうがありません(*´ω`*)


そんな本読みたい欲を呼び覚ましたきっかけとなったのが・・・
本日発売だったこの本!
小野不由美さんの十二国記シリーズ。
12年ぶりのオリジナル短編集『丕緒の鳥』です!

十二国記シリーズ。
ファンタジーの小説なんですが、すごいオススメ( ・`ω・´)

読み始めたのは確か高校生の頃でした。
友達に貸してもらって、大学になっても読んでましたけど・・・
12年ぶりってことは、そうですね、その頃から新作が出てなかったということです(笑)

もうね、どれだけ新作を待ってたかって言う話ですよ。
そしてマスターもこの十二国記シリーズが大好きなんです。
この新作が出るよ!と発表されたあたりから
急激にふたりして本を読みたい!と思うようになりました(*´艸`)


十二国記シリーズ、読んだことない方で読書がお好きな方であれば
ちょっと読んでみてください(*´ω`*)

一番最初は、現代日本の女子高生が異世界に迷い込むところから始まるんですが・・・
ここだけ聞くと、当時のラノベっぽい雰囲気ですよね。
ですがいえいえ、ここからの掘り下げ方がすごいのですよ。
魅力的なキャラクター、作り込まれた世界観。
ファンタジー好きであれば、多分ぐいっと引き込まれると思います。
是非に(*´ω`*)










本日もご来店本当にありがとうございました(o_ _)o))
明日も皆様のご来店を心よりお待ちしておりますぴかぴか(新しい)
posted by Pendulum at 02:00| 紗矢のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。